解体という真っ只中

気がつくと、いつも同じことがおきている。

旧→新の真っ只中にいる。

大げさに言えば、破壊と創造。

小さい頃からそうだったのかもしれないが、ここ20年弱を辿り大学も旧校舎から新校舎へ、その後に関わった研究所も全て引越付き&旧→新体制へ。その時々に併設されていた各国の病院も解体や新増築を伴ったリニュアール。同時に、またはその数年内に、組織や母体自体が壊れ創造というアクションが起こる。物・事の大掃除をしている数が半端ない。大概は断捨離になり、かなりのセンスを要する。

自分で仕事をしてからも、クライアントや先方企業と、なぜかいつも一緒にその渦中にいる。そもそも立ち上げなら分かる。好きだしゼロから1は何にも代え難い楽しみがある。手間かかり過ぎて企業では受けられない案件も自分の裁量だから受けられる。けれど、そういうスタートの新ではない。 転換期だ。もちろん長年計画してきたことの延長でたまたまの場合や、突発的に起こる場合など、ほんといろいろ有るんだなと勉強になるし、人って本当に全く違うし、人間くさいし、だから面白いなと思うけれど、、、とにかく皆旧→新にいる。

これって人生1、2度経験できたらいいことな気がするけれど、よく考えれば、仕事を始めてから全部がそれなんじゃないの?と思う。 だって今月全員が新社屋。組織も変わる、その関わる会社も事物も人も影響受けて変わる。そして、たぶんここ数年内で全部がかわる。良くも悪くも待った無しで、破壊され創造へと繋がるか、切り捨てか。これが、大なり小なり(いや、小はない・・・)全員同じ時期って、マジですか?と聞き返したくなる。破壊と創造 なんて大げさかもしれないけれど、今年は世界中でそういうyear流れなのか、回りがたまたまで巻き込んでもられているのか・・・・分からないけど、どちらにせよ、待った無しの時間が始まっているのかもしれない。夢中に没頭できる時間がいかに増えるかも自分にとっての生き方・働き方としては楽しみだけど、 30代の今はそれでは物足りなく、色んな会社や組織・個人など皆が、またその回りが、どんな風になっているかイメージを描き、現実を考えるほうがよっぽど楽しい。何が起こるのか読めなくてワクワクするけれど、本質と見据える先はブレずに楽しくすすんでいきたい。そして冷静さを保つためにも、心地よい夢中でなく、ちょっとだけチャレンジングな所やアウェー感漂う場に身を置いておけたら。

 

見た目のまろやかさと全然味が違い、個性派揃いなのか1つ1つが丁寧に育て作られたからかパンチが聞いてる素材の集まりで、最初は美味しいけれどそれぞれ強いなと思って、でもシンプルの鉄則は守ってて、どんどん調和してるような個性やっぱり強いような、、、、でも忘れられぬサラダの味に。こういう枠組みいいな、とサラダからインスパイアされること多し。