うれしかったこと〜土台はシッカリと!

ちっちゃいことが、すっごい嬉しかったりする。

遊びでも、仕事でも、私生活でも。

 

数年前につくったサイトの会社があって、職人系だしおそらくマイナーな職。そこに某缶コーヒーから取材きた。そのメデイア媒体にインタビュー掲載をしてくれるのだが、全然関係ない職種で、しかも何でうち?と全員謎だった。当日、ちゃんと大きな機材つきで3人でいらっしゃったらしく、正直全員なぞ?なぜうちだったのか?と聞いたら、HPが一番シッカリしてたから、と。

その業種を取材したかったので、とにかく、その業種くまなくHPを探して見て比べた。そしたら、いちばん、内容がシッカリしていたからと。

意外な答えだったんだけど、うれしかったわー

なぜ意外かというと、実は数年たった今も未完のままのホームページ(笑)デザイナーやシステムは地元の方を使いたいという要望があったので、まだロゴすら決めかね数年・・(ビビるだろうが、職人系ではよくあるw)だから、デザインに関しては、その欄は私がてきとーにデザインしてあったり、埋めてある。職人さんを見てきて思うのが、今すぐHPが必要ないが、数年後を見越して作り始めてる人が多い。今から売れればいいのかもだが、私はそうも思わず、まずPCの使い方とか、楽しみとか、手とか、いろいろ体制が必要。しかも、HPをやりだすと、自分のWANTSが見えてくるからか、楽しくなるからか、じっさいの今の仕事も繁盛しだして、楽しみが増え、ツキや流れがさらによくなり、まあ、その流れで時間差でHPが動き出すのかなと思ってる。

私は思いを見える化して、形つくる仕事で、HPでいうと8割と言ったところだろう。土台づくりになるわけだが、今回の場所は、何も形になってる素材がなかったので写真も自分でとりにいき、聞いて、見て、書いていった。

土台作り、は量があるわけでもない。シンプルにシンプルを極めて行く作業で、結局ペラ1枚みたいなHPや文になる。理念や想い、伝えたいなんて、文字にしたら、結局たかが数行なんだから。一字一句、ほんとに大切だ。誰にも理解できる分かり易いものでならなきゃいけないし、透明で、真っ直ぐで、揺るぎないもので、理論的であり感性的な土台を作ること。ちょー地味な作業で、なにやってんだろwと思うんだけど、嬉しいかったな。文章や考え方が個性的で良かったオンリーワンも嬉しいが、同業種比べて天秤にかけて、シッカリしてた、1番だった!と言われたのは、やっぱりうれしい〜〜〜。 ちょー地味な作業で、なにやってんだろwと正直よくおもうんだけど、「しっかり!」って大切なんだなと元気もらった出来事だったー。

土台をシッカリシッカリつくる。

すると、どんな形にも応用でき発展させることができる。

これは、20代の頃の仕事で叩き込まれた事。「あ〜8〜9割できたー!」と喜んでいたら、「ばかか!土台が8−9割できて、やっとスタートなんだよ。土台でしかないんだよ」あのしぶとさや、タフさや揺るぎない考えを教えてくれた恩師たちに感謝ですー。違う仕事だけど、缶コーヒーからもOKもらえたよ!うれしいでーす

じらし、じらされ。

真夜中のチーズとワイン。

冷蔵庫の奥からやってきたチーズ。

 

うちは毎日お弁当なんだけど、けっこービビるのよ。

2人なのに、お肉買う時も、毎日ほぼキロ単位、お魚も大家族なみ(笑

木こりや空師ってさ、5000-8000kcal/1day仕事 ともいわれる消費カロリー。アウトドアとかスポーツとは全然ちがうらしい。 夏場だと、持っていく飲み物も、凍らせて8とか10L! 食べ物だけで10kgじゃん、といつも思う(笑)それが毎日つづき、冷蔵庫と冷凍庫は嵐月間となる。2~3カ月くらいな、年によって。

昔から自分でお弁当作ったりしてたので、全く大変でもなく、別に好きなことしかしないからいいんだけど、困ることは1つ、冷蔵庫がパンパン過ぎて奥からとりだせない状況。あ~~冷蔵庫2台欲しいって嘆きたくなるあの状況(苦笑)うっすら奥に見えにチーズ群。とりたい、でもパンパン。で、えーい!もういいや、じらすなら、じらされよう~奥にひっこんでろーーー!と、格闘を繰り返し・・・

 

そんな季節も終わり、やっとガラガラになって奥からでてきたチーズ。

ひと夏越し、熟成されたただのカマンベール。

美味し過ぎる・・・いつもならここまでは待てないの、 でも嵐の末にめぐり合えた喜び。 ちいさなシアワセ~ じらされた分めっちゃシアワセ~。

幸せの閾値ひくっ、おっそろしく低いっ、でもいい、だって美味しい!

 

 

 

 

 

備忘録

alternative splicingといっしょ。行動に移するとき、立ち上げようとするとき、選択的にスプライシング、切り貼りし無限の可能性をつくれる。

だだどうやら、イントロンをつなげようとする。

intの方が気づきやすく、思い入れが深いみたい。intの方が長いのも同じ。intが多く、exを拾うのが大切だが、自分では広いにくい。純粋、シンプル、センスもいる。

あとタイミングとキッカケ。なにか分解産物に影響されることも多く、一見現状を壊す、変わるととらえがちだが、よくみれば崩壊でなく分解。タイミングは、かわりたい像つまり生成したい産物が明確なとき、必要に迫られとき、または飽きて。案外、飽きてって多い。たとえ現状維持でもするのに、楽より<ルーテインするのに労力がかかり過ぎる というポイントあり。キッカケはやはりSPstarting pointあり。

切るときは、intだと経験と知識から確信してるからバッサリ切りはなせる。また、あやしものは切って、int1 と切り離して単体にしておくと使いやすい。出来る限り小単位・数大にしておのがポイント。すると後で組み込め、使い勝手が良い。exは逆で大まかに区切る、あとから削る。細かすぎると致命的。

intに想いをはせすぎるときりがなし、へんな性癖や歪がみ、エラーコレクターもあり。やはり一部は真のジャンク。そしてやはり同じく、それがどーにも目立ちやすい&、あたかもexのような動をする。これは、経験で判断可能。そのクセにも共通性あり。intを探り出すと溺れ、たどりつきにくい。最初のsp reserchとどうよう。もしここを探りたいならここだけのプロにわたすべし、目的・意義・意味・えられる結果の種が絶対的に違い、真逆で注意。ここを望む場合これを説明する必要あり。intだけでつないだ産物は、形になって続いてもエネルギー効率悪し。生き残りのため頑張り必死になる。おそらく、他が異物と認識するのか、結合部位が少ないのかくっつきにくい、または同種の異物がくっつく。おそらく制御因子が働くのか。いずれにせよ、ツキなし。どんどんツキがなくなっていく。

intを捨てられない理由は、intの本質を誤解してるから。捨てる、役たたず、無意味とおもいがち。虚空をおいがち。形に残さなくても、intはexに影響を与えられる。組み込まずとも、味わいとしてexに。無意味なのもの、はたして在るのだろうか。無意味で役立たずな物は1つもない。やはりそれは唯一証明できないものであり、無い物を証明することは究極的に難しく、実態なし。ヒトはそんな最難関なことを、思い込みという方法1つでいとも簡単に成し遂げ確信までしてしまい現実をつくれるという凄さと怖さ。ただし、これを逆に使えばおそらく有効利用できる技ゆえおもしろい。

alternetive splを繰り返していくが、どーやら転写抑制因子に目がいきやすい。また制御としてintという過去も拾いやすいので、長くなり過ぎエネ枯渇。そうとう必死または、タフでないと。

活性化には自己だけでなく、やはり外部からの活性化因子が多くの場合必要。促進因子もあればなおよし。めじゃー産物は生み出すが、ASで組み合わせにより多様に産生できることの見本を見せる必要あり。なかなか自分では気づかないみたい。スムーズに流れないポイントもあるので、Cat,の存在がいくつか必要。プロモーター領域、開始点はやはり上流、今にも未来にもない。やはりかならず目印あり、そして因子が必要でcomplexを形成したときに期を満たす。

クライアントは、bio-figで通じる。まさかfigとはおもっていないだろうが、完璧に理解し、非常に分かりやすく流れる。でももし科学、生物としったらどうだろうか。ということは、生物と聞くと、先入観により敷居が高くなってるだけ。その先入観日本の教育システムに起因するのか。年代による反応も多。そして日本のなぜかの心理学流り。自分のことをしりたい?ならば実は生物学も一緒だし、生物学はよりシステマティックでシンプル簡単。根本原理を知れば、どの分野にでも応用でき、より生きることにも活用できたり。

90min、いや60miniが限界っぽい。極限の集中で減していく場合、みてるとおそらく酸欠。うまい酸素の取り方を知らないと非効率であり不活性。一度教えればラクになる。かなりのパフォーマンスを発揮する。その間が必要。けっきょく、流れる状態の訓練をすると、あとはかってに流れる。

全ての組み立てには、知識だけでは戦い得ない世界かも。ぼうだいゆえ、経験値と勘、直観、そして観察眼もがキーとなる。

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは爆発だ!

このあいだ、TAROにいったー、岡本太郎美術館。

 

その後、週末に本屋にいったのね。

料理コーナー(イタリア、フランス料理)に、

なぜかこれっ。

IMG_4122

 

なぜっっ!!!

平積みよー

わらっちゃった、かっちゃった、なんやねんこれ。

 

「芸術は爆発だ!」

キッチンは爆発だ!

本屋のセンスも爆発だ!

ついでに、私の舌も爆発してたから、ちょーどいいっ。タイ料理屋ピラブカウのトムヤム辛かったー、おいしかったー。ありがと、また行こー!

料理もTAROも、アートねっ。

IMG_8407 (1) TAROにて、瞬間をとってくれた。タローでみーちんぐ、なかなかパワーいりまっせ。