産みのくるしみ?!


(出産じゃないよ、笑)

やる!と決めても形にするまでに、
流るるときと、練り込むと題して物の見事に色々迷う時もある。
選択や思考できる余地があるのだから恵まれているが…やっぱり、ん〜となるwそして、たぶん、嫌いじゃないww 
痛いことに、個人だといくらでも悩める贅沢、しかも一人が好きで不器用な人間だ。
そして私の周りにもそういう人が多い。 確かに答えは自分の中にあるんだけど(笑)

私は研究時代は独り内に籠り…完全自分の世界へ。今も本質は変わらないが、自分の周りのオモシロイ人をふと思い出したり、視界が広がることをする。


どっちもめっちゃ楽しいが、後者も悪くない。なんだか遊び心が強くなるきがする〜あと飲みながらも…私にはちょーどよい(笑10277763_10152166866567029_5271431355117176354_n 10310974_10152166866447029_703465285898788886_n

きのぼり~

木こり映画wood job  見ました?!

今週はその話題、よく話しかけれます。
えーえー、ベタなギャグ”マムシ”やら・・・ベタじゃないっす、マジっすwリアルっすww 事務所に呼び出され、ストーブの上で焼き、食わされました。

という話しは、また次回にして、私が衝撃受けたこと2つ。

①時間感覚が違う、100年とか150年とか過去のことばっかり言ってるんですよ。未来も自分が死んだ後の話で・・・生きてる間のことはあんまないの笑。(当時、科学の世界にいたので、一分一秒先へ未来へ、朝起きたら世界が変わってるかもって!って、寝るのも勿体なく一秒たりとも勿体ないと生きていたので、日本昔話を聞いているように時間感覚が?でした)

②次にビックリしたことは、木のぼり。90kgの巨体で、サルだがターザンの如く登っていく、しかも結構いいお年をしましたおじさん、おじいちゃんたちがいることに驚きました。70-80でもみな現役バリバリで、朝5時前から動きまくり、かなり長寿職。
(あ、冗談抜きにして神隠しにあうから入るな、その土地の過去のできごと、神の行事、木を切っては行けない日など、、随所に神様が出てきますが、、、それは想定内でした)

映画を見て来て、数々の爆笑カルチャーショックを思い出し、いくらでもネタは尽きませんが、、、

■今週17(土)は奥多摩の森ピクニック!

今回たまたま2人の木こりがいるんですよ、
そこで、「木登り」してみたい人は是非!
(実は、奥多摩町は日本一巨樹が多い町)
私は高所恐怖症なので、陰ながら下から応援しますw
きっと、レッドラインは越えないはず。

木こり達の爆笑話も、ぜひ聞いてみてください。
けっこう笑え、そしてドンビキすると思います、笑。

あと1~2名なら大丈夫、
今回は初参加の人が多いので、思いきってゆる~く遊びにきてね!
http://makeasekaichizu.com/pg87.html

奥多摩6

インド5 都合のいい女

インド1http://wp.me/p4A7TI-Wi
インド2http://wp.me/p4A7TI-WA
インド3http://wp.me/p4A7TI-WY

さて、インド4http://wp.me/p4A7TI-X8で、

 

出会ってしまったインドのジョーディッシュ(占星術)

友人に会うたびにインド話となっているが、占星術というのを知っている人が多くてビックリ。受けた事がある人もいれば、あまりにビックリする裏側まで聞いたり、日本の占い市場って凄いんだろうな・・・と思う。私は占いには興味無く全く知らなかった。良く若ならないが、占いって当たる(?)のは案外簡単なのかもしれないし、イメージトレーニングと似ているのかもしれないし、だから逆に効果的に活用できるんだろうな~とも思う。因みに、インドで受けたのは、占いというか・・・数学とかも活用して計算して(?手のシワを数えていて?)、それ専用の博士号の資格があり、天文学がどーとかこーとかいうもので。私のヘンな好奇心より、、、(占いというより)お笑い座談会となってゆく。

占いを受ける人のニーズは、「運よくなりたい、よりよい人生を歩きたい」だと思う。誰も、別に占い自体を知りたいわけではない。なのに私は、

「なんで誕生日でわかるの~?」と、つい聞いてしまう。

そもそも、星座占いをはじめ、生年月日で運勢が分かる!ことが、昔からよく分からない。といのも、私の誕生日は、あと2カ月くらい遅い予定だった。すると、全てが変わる。でも・・・別に親が変わるわけでないし、とくに、今までの人生思う存分、思う通りやってきてるので、特に今と変わってないだろうな~と思うからだ。(まぁ仮定の話でしかないんだけど・・・)

この話をすると、どうして早く生まれたのか話してくれるが、もうコレが神話の世界観であり、更にインド育ちでもなく、インドのバックグラウンドが全くないので、はあ~としか言えないカルチャー。でもお陰で、は~もう理解不能となり、異文化交流のように楽しかった~!!

when in Rome, do as the Romans do. 好きなんだ。

 

え~と、鑑定結果は?って。 (下記は、あくまで私の場合)

私みたいなタイプには、これしないさい、あれがいい!な~んて何1つ無かった(笑)

逆に、あのーじゃあこれどう?これいい?と聞いても、何でもやれ!で終わり。 良く分かってるな・・・私の性格とそこは感心。

・おそろしく運が強い!とか、

・肝臓がつよい!とか、

・友達たくさん!とか、

好きな言葉はバンバン刷り込みをして、

「ならば、もっと美味しい&素敵なお酒の場に巡り会えるってことか~!楽しい人生だわ~!」と騒ぐ私を前に、冷静な先生。次に、自分にとって都合いいことも、なるほど~!と聞き言って、

・パワフルに仕事するけど、とにかくrest!休め!それが仕事だ!とか(笑)

・目上の人にも偉い人にも、友達のようにリラックスで接すればいい!とか(笑)

・8種も仕事が変わる!とか(え~まだまだ変わるのかと思えたら、今の慎重さが良い意味でアホらしくなった)

・もっと頭使え!とか(なぜ使わないって言われても・・・使わなさ過ぎて使い方忘れちゃったんだよ。。。)

その他もろもろ、意外なことも多く、色々考えるきっかけになり楽しかったです!

結局、私は相当都合のいい女だと思う。

郷に入っては郷に従えが大好きだし、自由自在に自分に都合良く解釈したり(笑)、3人で楽しい時間過ごせ、そんな自分まっいいかあ!と思え、大満足でした。 (爆笑ネタも、どんどん増えたし!)

ただ、よっぽど落ち着きがなかったのか、

「君は今まではbabyだった!やっとadultになれる!」と言われ、「はっ、べベイビー?!」と聞き直したけれど、やっぱりベイビーだった。

これは絶対に計算結果でなく、先生の個人的な意見だと思う!そして、通訳がオオウケして爆笑してる姿が、ちょとカチンときたっ、笑!

IMG_4496

インドから帰国してから1カ月半あまり。

変化はあったかって?

覚悟はきまった。

 

 

 

他人の人生は、他人の人生!

週末は、中学からの親友たちとご飯で、大好きな時間。私の人生まるっと知ってて笑、話題は「生き方」になった。私は、

 

人の人生は、人の人生。

私の人生は、私の人生。

他人の人生は、他人の人生。

だから、いっさい関係ない。

他人の人生に、私を押し付けたり映しだせないし、

逆に、他人の尺度や正義、常識や、私の人生にとってどーでもいい。

他人の物を盗んではいけない、赤信号は停止、とか最低限のルールはあるけれども。それさえあれば、人に嫌われようが、自分生き方を貫いている人って魅力的だと思う。

自分の生き方は、自分の軸と価値観でしか決まらないから。

こーんなに自己啓発本が吐くほど出続けている世の中だと、なんだか成長しなきゃいけない、まだ足りない、まだまだ幸せでない、成功しなきゃとか、まだまだ病になるけど、別に今のままだって実はあるし、変わんなくたっていいし、変わる変わらないどっちがいいという話ではない。

人って不思議。

人は(無意識で)変化を嫌うのに、なぜか変わりたがる。

本当は変わりたくもないのに、変わりたい変わりたいという。口先だけ。欲しい欲しい、もっともっと、まだまだ・・・

だから、いつも自分にも問う。

なんだか変わった方がよさそうだし、、、と流されて思ってるのか、

心底マジで、絶対に何としてでも変わりたい、変えたいのか。

人生観だってそう。 人生は修行で自己鍛錬して生きたいのか、瞬間を楽しく生きていきたいのか、2つに別れる。どっちがいいという話ではなく、その人次第。仕事を変えるのもそう、考え方を変えるのもそう、行動に一歩踏み出す時もそう。本当に飛び出したいのか否か。

決めるのは自分。

他人には決めれないし、他人に決められてはならない。

 

でも~、やっぱり関係ない、一切気にしないったって無理で出来ないわけ~。私なんて、究極のおせっかいだからさ・・・ホントにw 本音を、つい言っちゃたりする。

だから、逆に私は、そのヒトと向かい合ってる時間だけは、全身全霊まじで本気で、その人のことを想う。本音で、その他人の人生を全神経集中して考える。

それしか出来ないし、私ができることはそれのみ。

 

 

 

人は心が決まってからしか、行動に移せないし、決めて腹くくるのは自分。腹くくって決めたなら、過去への癒しだ優しさだなんて言ってるヒマなんかなく、今だけ。虫眼鏡がみたい今に焦点を当て集中するメンタルが、0→1の時は必要だと思う。(行動自体は、焦点合わすより、1段を10段位に分割し、ステップを増やす方が圧倒的にラクで試しながら進める。基本的に0で見た焦点なんて、自分見てても、やっぱズレテルと思う。)

そんな腹くくった時に、過去みてたら集中力が散漫になる。もがき苦しみヘドがでまくる位やってきたんだから、もう十分ではないかと思うし、それがまだ必要でやっていたいならそこに徹底すべきだと思う。悪いことでないんだし、なんでも中途半端にやると、後からぽろぽろ出てきてダダ漏れになるから、「もうごッさぁんです!」という程十分味わいつくしてからでイイと思う。必ず終わりはあるから。しかも、人は忘れるし、けっこう将来のネタになる・・・。悲劇と思っていたことが、コントにしか聞こえなくなる。 また、ドMがドツボにハマると、悲劇比べを始めるけど、そんなの私はやりたくないし、お腹いっぱい。

 

私が相手を想う時、本気で本音で、全集中で考えるけれど、その人が出した結論に向かって行動すること しか応援できない。

だから「どんな自分になりたいか?どんな人生を生きたいか?」を決めるのは自分。(私は、何したいか?より、どんなふうになりたいか?の方が先に見えるタイプ)

その上で、その人がその時には見えてない、私の角度から見える世界をスライドショーの如く、見せていく。そして、どれにするかを決めるのも、私ではなくその当人だ。ただ多くの場合、そのスライドショーから得たヒントと、相手が最初から持っていたイメージ、それが欠け合わさって色彩豊かに化学反応した未来になる。他人と自分は違う、だからこそ出来ること。

 

ただし、相手を考えるときは、自分の200%のパワーと集中力を使うし、

それしか私には、あ~ったかい人間”愛”みたいなのを伝えられる術がない。

favorite books

『直感力』羽生善治
『天職』秋元康 鈴木おさむ

最近よかった、まじめ系?な本。

羽生さんの本、かなりオススメ!
放送作家の2人も、大好き〜!!

さあ、これから木こり映画へ〜
wood job

海猿みたいに、カッチョいいんかいな〜

りせっと

おととい。ルンルンで充実した一日。

でも、なんか自分に物足りなさを感じながら帰路につき、

がーん、チャリが撤去されている。

驚きはなく・・・ああ、やっぱり。ふとよぎったんだけど、急いでいて、他の選択肢がなく、チッっ!って思って隅に置いちゃったのでござ~るw 自分が悪いのにがーん、やっぱりふと思ったことって当たるんだな、、、ええ加減にせーよ!ってことなのか、、、とトボトボ歩く。筋肉痛で、、マッチ棒のように。

明るい道を選んでゆくと、まるでシンデレラ城のように、目の前にサイゼリアが現わる。確実に呼ばれた気がしたので(笑)入店! 深夜女1人、デカンタで頼むと、・・・店員が可哀相に思ったのか、やけに親切。 そして、酔うどころか本が進む、進む。そうだった、、お酒と本の組み合わせって、私が思い描く大人の贅沢な時間なのだ。どっちもすすむすすむ。

本も全ておわり・・・また歩き始めて、ふと気付く。「あれ、やけに、じぶんつまんない人間になったなー」と。 そっから出るわ出るわ、冴え過ぎて楽しくバッサリ自分を切り捨てる夜の散歩となった。 最高な時間だった。

歩く時間って私には大切。わかっていながら、あんまりできない。

チャリは撤去されてしまったが、そのお陰でスッキリした時間だった!風もビュービューふいていて、すべてを吹き飛ばしていった。

 

『リセット』

そう、それは、その数時間前に、吉元由美さん「言の葉」塾でのお題だったのだ。あーまさに、リセット。

やりたいことが山のようにある、、、ことに気付いてしまっている自分。誰の尺度でもない。どーでもいいこと、がらくた、ゴミばかりなのかもしれない。でも、片っ端から全部やろう。自転車撤去、さまさまなり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド4~ けいこがジョーディッシュと出会った

インド1http://wp.me/p4A7TI-Wi
インド2http://wp.me/p4A7TI-WA
インド3http://wp.me/p4A7TI-WY

インドのヒンドゥー教の聖地ベナレスを後にして、タール砂漠の入口に位置するジョートプルに向かうこととなる。

が、その前に。

今回の旅は、インドの国内線の乗り継ぎのために毎回デリーを経由した。大きい国だなと思った。私は、ついバスや電車で行ける気がしてしまう。米国や中国等に住んでいても当たり前の感覚なのだろうが、どうも日本やヨーロッパ諸国に住んでいると肌で感じにくい。

そして、そんなデリーで、

けいこがジョーディッシュと出会った~(ウルルン風)

ジョーディッシュとは古代ヴェーダの伝統の知識のひとつのインド占星術。

簡単にいうと占いだ。生年月日、生まれた時間、場所から見るらしい。

私は占いには興味なくて、、、信じる信じない以前で、全く興味が無い。(人は当たると思えば当たるだろうし、当たるのは案外シンプルなのではないかと思う。) 

そんな私なので占い結果自体興味がないが・・・、流れで受けてみることにした。なぜなら、「ジョーデッシュ専攻学科があり、博士課程が必要らしく・・・・なんやねん!その学問!!!」と、内心食いついてしまったw そして多くの場合、2つのPh.Dを取得していることも少なくなく、数学とか、宇宙物理学?とからしい。 占いにでは無くて、その怪しい学問に、どんどん興味は魅かれ・・・・人体実験をするしかない。

しかも、実は私が最もインドで訪れてみたかった場所は、タージマハールでもなく、ガンジスでもなく、インド工科大学だった。(今回は叶わなかったけどね。 実は、私にはいつか1週間で良いから授業を受け過ごしてみたい教育機関が世界中にある・・・)

 

いくら考えても特に聞きいことが無く、こちらからは全く質問がないので、受身で受けることにした。1対1&通訳だが、めちゃくちゃ怪しんで、非常にしらけている客の私。 少々態度がデカカッとも思うし、「それで、何が分かんねん?!」と、そのカラクリが不思議で不思議で仕方がない。

生年月日、時間をを伝えると、、、

なんと、、先生がまるで手のシワを数えるかのごとく、(おそらく)計算し始めた。そろばんの天才みたいな安産計算方法をする人は知っていたが、そんな指のシワ計算方法を、産まれて初めてみたので、もう一気にテンションMAX! 立ちあがって何やってんのか先生の手を覗き込んでしまった。

全壊?してしまった、非常に落ち着きがない子供だ・・・。

先生は、ものの数秒ずつで計算?は終わるし、ツラツラ書き始めるし、こっちはこっちで通訳はもうすっ飛ばし、それより「何やっているですか?どうやって、何で分かるの?」など、とにかく変な客だったと思う。

 

(あくまで!客がこんなだから、私の回に限っては)

黙って大人しく聞きいれる一般タイプの占い?になるわけもなく・・・・

 

通訳含め3人で、「私について」のことを英語で突っ込み合う、お笑い相談会となって言った。。。 (全員関西のノリ?) 

ど~してこんな展開になるかな~wと自分に呆れるが、もうあの指のシワ数えられたら、たまらん!もう何してるのか知りたくて知りたくて、たまらん!

つづく。