パワスポ人気

 伊勢神宮。平日にも関わらず観光バスだらけで大勢の人、アジア観光客も多いという。昔の様子とは全然異なる観光賑わいを見せ、パワースポットが何とか。故郷なんで行くだけで、パワスポブームでそんなとは知らなかった。

 熊野・那智もお馴染みの場所だから、今回行こうとした。その矢先に台風で実現しなかったものの、やっぱりそこも人気と言う。

 そして、極めつけに福井県永平寺。無信仰でスピ系力もゼロだが、ひーじーちゃんに会いに行く旅を思いついたからだ。けれど、調べて見ると、超不便な場所にあるのに、(意外や)人気というからびっくり。私は実は調べるまで名前も知らなかった。結局、日時も合わず、いつになるやら。しかも、本日ジョブズが出家しようとしていた・・・と書かれているではないか。より人気が出て混んで取れなさそう~

 天橋立。行く途中の本屋で、時間が足りないことに気づき、隣の本の高野山へ。下山後の京都、夕飯時、隣の席にいたご夫婦に誘われ、3人で翌日比叡山。考えたら、東北も導いてもらい自然に巡っている。

 ということは・・・私も、バリバリ!パワスポ巡りしてる人!?

 パワスポブーム、今どこ行っても人気らしい。本まであるんでしょ!びっくり。ヒトはそんなにパワーを欲しているのだろう?何を求めているのだろう。幸せ? ヒトは迷える生き物だから? 

それにしても、ここ数年でたまたま色々巡っている自分がフシギ

本業と収益

私は企業に属したこどがない。社会常識や世間を知らなすぎて恥ずかしいが、びっくりしたこと。

ソニーは家電メーカーだと思っていた。

確かに売上の46%はそうだが、営業利益をみれば、最も稼いでいるのが金融部門で、前年は本業は赤字だという=家電メーカの顔をした金融会社。

帝国ホテルも、ホテル事業は赤字で、稼ぎは不動産部門=ホテルの顔をした不動産会社。

その他の会社も同様らしく、生き残るためには本業とは別に収益部門をもつことが重要と、(当たり前なんだろうけど)私にはビックリしました。

救急や小児科の赤字と一緒なんだ~と。

そして、その相乗効果が大事と締めくくっていた。

これは企業や組織だけでなく、個人、なんだか自分へのアドバイスな気がしちゃった。

あと4日

コルマンインデックス(マヤカレンダー)が終わる今年10月28日

整理したいこと山済みなのに、あと数日・・・トホホ。

まずは体を治すことに専念しよう。

親知らず抜いたら耳~頭が痛くて、TVや音楽どころか、ノートPCのファンや換気扇の微細な音すら痛いのね。正直、今までこんな音気にしたこともなかった。これだけPCや電子機器を使わない生活、静かに動いている生活、初めて。電子機器の音が嫌とか、虫の音がずっとすると(幻聴)を訴え続ける老父など耳の不調を訴える人の気持ちが初めて分かりました。感謝。耳って、痛いと脳ミソえぐられてる感じがするんだね、びっくりした。

自分もブログも募金もどうするの~新たに軸を定めなくっちゃねっ。マヤ歴終了の流れに乗っかっちゃおう!

 

 

完全埋伏歯抜歯

たかが歯、されど歯。

30分以内と聞いたのに、トータル1時間半。

突如言葉では現せない痛みと戦うこととなり、予想外の展開。まるで出産風景。

全身汗だく、涙ぐしゃぐしゃ、靴も脱げ、手と足で踏ん張り、、、掛け声も「ハイ少し踏ん張って!もう少し!あともう少し!(ぐらぐらしてきたからね~)頑張ろうね~!じゃあ一回楽にしていいよー」って。

ベイビーならまだしも、産まれてくる子が砕かれた歯じゃねー、今後出産することになったとしても、これだけ医学が発達してる中、麻酔を使用しない理由はないな~ とか束の間の休憩中に誓ったり。器具やスタッフが追加されたり。

今回は麻酔量は最大でも、麻酔では取れない2種類の痛みがあったそうで、最後にその説明と一緒に「歯持っていく?」と。 放心状態で見たmy baby=尖った血まみれの歯。一緒に帰宅して、観察したり、上に投げて成仏してあげるべきだった~と、もはや後の祭り。

いまだ頭と耳にまで響く眠れぬ痛みと腫れ。本当にアンパンマンの様に頬っぺたが膨らむとは、体・皮膚の伸縮性ってすごい!

出産だろうが何だろうが、あの痛み二度と勘弁!と、げんなりな心境なのに、

「来週の歯の方が難しいからね♡」 ってアノ笑顔。女は強くてこわいなー。タクマシイ(笑)

親知らず

完全に水平に埋まっている親知らず。

今までずっと抜く必要は無いと言われてきたのに、違う用件で歯医者に行ったのに、そのまま大学病院送り。

扁桃腺を始め、病院では何でもすぐオペで取ったら?(楽になるよ) と症状緩和の効果だけ言われ勧められる。でも、人間に必要だから付いて産まれてきているのであって、あっても無くても同じ不要な物だったら、生物の進化の過程でとっくに退化しているハズ。

残せる選択肢があるならば、絶対によ~く考えた方が良い。子宮全摘の後遺症を始め、悔やむ声をよく聞く。私も考え方が合わない医者だと、扁桃腺をなぜ取らないと小言いわれるが、合意して取ったら最後。後は自分の責任で、楽になろうが後に何が起ころうが全て自分の責任なんだから。例えるならブレーキが無いアクセルだけのボディーなんて私は怖くて乗れやしない。自分でよく考えて、納得出来ることのみをした方がよいと思う。

でも、親知らずだけは”百害あって一利なし” らしいデス。埋伏歯は顎の骨を削ったりなんだけど、それでも抜いた方が良いらしい。

もっと若い時期の方が楽だったはず~と思ったけど、必要・必然・ベストなタイミングなんでしょう。この休養のお陰で、今までに出来なかったことをしたり、患者の気持ちになってみたりと色々だ。

でも、親知らず、どうせ抜くなら早い方がいいよ。

「 わきあいあい 10.14.2011 」

ふと思い出した。
♪一年生になったら 一年生になったら 友達100人できるかな……♪
友達100人……か。
 
 
考えてみると、幼稚園や保育園の時の友達と今も……そんな人、居るだろうか?
百歩譲って、5人くらいかな。
 
 
で、小学校時代からの友達は……。
20人くらいかな。
 
 
中学時代で……50人(多すぎるとは思うが)……高校時代で100人か?
大学などに進学したら……200人(そんな人居ないと思うけど)……位かな。
 
 
社会人になると、様々な思惑や利害関係なども関係して、本当の友達関係は難しいかも。
それでも、まあ、500人の「友達」が出来たとしようか。
 
 
で、総計、「約1000人の友達」を持つ人が居るとする。
 
 
♪社会人になったら ♪社会人になったら 友達1000人できました……♪
おいおい!そんな人、本当に居るのだろうか?
またまた百歩譲って、本当に、それは「友達」と言えるほどの関係なのだろうか?
 
 
日本の人口を、ざっと120000000人とする。
で、そのうちの1000人と友達です!と胸を張れる人が居たとする。
それ、凄すぎるのではないか?羨ましいとは思わないが、凄すぎないか?
 
 
ボクは自身を「もの凄~く世間が狭い」人間だと思う。
また、もの凄~くアナログな、古くさいと笑われるような考え方、生き方をしている。
故に、IT技術の粋を駆使した他者との関係構築ってのには、いささか懐疑的だ。
 
 
とはいえ、様々な価値観・視点・考え方がある今の世、一義的では通らない。
ならば、社会人になり、でも数人しか居ない、いや数人でも居てくれる友達をこそ、
ボクは大切に大切にしてゆきたい、そう考える。
 
 
この十年余の中、本当に困った時、苦しい時に救いの手を差し伸べてくれた彼らをこそ、
ボクは「真の友達」として、その恩義を終生忘れまいと思う。
友達って、本当にありがたいものだ。

月下乃案山子  

高度成長期生まれ  男  関東在

「わきあいあい 10.13.2011 」

急に沖縄に連れて行ってくれ、と言いだした。

家から一歩も出ない人なのに、死を感じ出したのだろうか。

急きょ飛行機など全てを用意し、飛ぶことにした。

週末には沖縄で家族がそろう。家族で旅行なんて20年ぶりだろう。

「服は何枚?」から始まり、「いくらもっていけば?コレはいるか?金も何も持ってか無くていいんだな?」や「薬もった?保険証もってよ」とか、幼稚園の先生気分。

荷物も、どーせ途中で私が持つことになりそうだから、ガラガラに1つにまとめて持っていこうとしてたら、どうやら自分のバックに自分の物だけを入れると聞かない。 その様子を見て、昔私もそうだった。「どーせ途中で(遊びにかまけて)荷物持たないんだから、最初から持っていくな」と言われても頑として聞かなかった。逆転したんだな~

家出るの10年ぶり位の人が、どこまで歩けるのか分からないが、楽しもう!

帰った翌朝が手術って、私もタフというか~(^^;)

プッッ!

今日ある女の子と話していたとき。

「~略~、よろしくね。分かった?」と聞くと、

「プッッッ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

  シーーン

 

おすまししていた本人がニヤケ始め、一同爆笑!

そ~だよね、今のは「ハイ!」じゃなくて、確実にプッッ!って。タイミング良すぎ!

manabi

今日、どーしても許せない悲しい時、突然ハッと自分の内に男が写り、愕然とした。

もし気付かなければ、悲しいかな最悪殴っていたのだろか(大袈裟)。受け身はあっても自分からは無いし、外国ドラマで見る様な女性版の癖も無い(^_^;) しかも確実に頭を過ったのは男。こんな感覚は初めてで、恐ろしい~

そして自分が女であることに感謝、ありがとう。

もし男だったら、どんなに気を付けていても、やっぱり似るのか、同じ間違いを繰り返してかも知れない。代々似るくり返すという話しも、絶対許されないけど分かった気がした。悲しいね。女だからと心配なしとは言えない。でも、やっぱり男の力には敵わない。だから、最悪、男性が私を止めれば良いだけで(笑)

あっ、私決して暴力的では無いので!脳裏を過った話で(^^;) わたしの代で必ず止まる。昔の上司(男)も、バンバン物投げる人だったけど、別に癖がうつる訳でもあるまいし、今後職場で私が暴力的になることも無い。親子数世代で、やっと完成する学びもあるのか~と思い知らされた。

ショックだワン。でも女に産まれてきて、ほんとラッキーだにゃ☆