フランスで食べた珍タンパク質

うさぎ 鹿 蛙 ロバ 猪 サメ カタツムリ タニシ

★主に牛や豚の、

脳 骨髄液 腸管膜 舌(焼き肉牛タンではなく、塊そのまま) 血(詰めソーセージ) 肝臓(フォア=肝臓 グラ=脂肪の多い フォアグラ=脂肪肝) 

★唯一手をつけなかったもの、

鳩 (小さい頃より鳩大嫌い症)

★また食べたいもの 

骨髄料理くらいかな。ポトフとかダシがきいてて、旨い!

あとは・・・美味しいものもいくつかあるけど・・・特に、いらない。

思い出す限り たぶん こんなもの :(

 

フランスの扉は内開き

なぜ?

渡仏以来、ずーーーっと抱えてる疑問。

8か月間の観察結果によると、

(玄関や部屋やトイレやビルエントランスなど)扉という扉全ての8~9割以上は、内開き。そして、個人宅のいわゆる玄関になると、外開きには、一度もお目にかかれてない。

観察というより、かなり違和感。

外国はみなこうなの?

気温

1

212月は氷点下続き。

年明け。一気に、10℃以上。

すると、目の前のソーヌ川が、変貌した。水位が一気に上昇。水量は増、水流は速、そして濁流。台風の跡が毎日とでも言おうか。上から見てるのも、結構こわい。(夜しか見れなかったしね、そのため写真はマクラで分からない) 鳴門の渦潮に勢いは負けてなかった。

きっと、気温の急激な変化で、一気に雪が溶けだしたのかな~3

 

お陰で、ず~っと、川岸やそれに続く階段は、全て浸水。この夏の風景に親しみが無い人は、道がある事も分からない。

すごかったです。

でも、やっと氷点下になり、落ち着きを取り戻してきた赤い屋根の街。

4151

 

出生前診断

フランスでは、ダウン症や障害の検査は妊婦の”義務”になっているので必ず受けないといけないらしい。

ということは、先天性遺伝子疾患の子は、少ない???

どうやって検査するのか同意書の内容等は、分からない。けど、もちろん、検査の結果、ダウン症の可能性が高くても産む事は出来るらしい。

ここで、自分の責任で、自分自身が産むという事を選択した場合、その後は、(社会でとか周りに助けられてうんぬんというより)全て自分の責任! という考え方になるんだろうか~?この国の徹底個人主義を考えると。いや、分からん。

~日本~

「いや~ん!そんな子、うちにはいらないっ!」 

実際そういう考え方が多いのも、悲しいけど事実です。(産まれてしまってるので)病院や施設に預けッきりで、ほぼ来ないというのも沢山あります。実際、施設等はそっちの方が多いです。両親が別居とか離婚とか、不仲になる例も非常に多いです。出世に響くので、隠すケースも非常に多いです。 ドラマチックに感動物語としてメデイアに出るのは、ほんとほんの一部なのだよ、残念。

いや~ん!そんな子、うちにはいらないっ!

→ って、そんなこと言ったってね~、初めから”病気の我が子”を望む親は世界中探したって、誰もいないわよ!

そりゃそうだ。

ロングブーツ

教えてください!

●日本のロングブーツ、チャックが上までありますか??チャックで、ふくらはぎ等の部分、全部開きますか?

私が今まで日本で買ったものは、全部あいていた。今冬、オニューといって妹が履いてきたのも、確か開いてた。

でも、今フランスで見るもの、9割弱開かないタイプなんですけど・・・- -;)これって、今年の流行?前からあったが、私が知らないだけ?

くるぶし部分に短くチャックが付いてるだけで、そこから上は無し。筒状の中に足を突っ込む。 

私は2足試しただけで、汗だく奮闘。ズボンはグチャグチャだわ、履いた!は良いが、次は脱げない!、脱ぎ終わった後は必ずブーツに手を突っ込んで靴下を捜索に。お洒落な外見とは程遠く、長ければ長い程、内は戦場ですわ。

お腹の中

ダウン症といえば、赤ちゃんを痛い思いして生んだ直後、初めて見た瞬間にすぐ気付くとか、猫なき症候群など声を聞いた瞬間に気付くとか聞くけど、想像もつかなければ、言葉もない。500g以下はもちろん1kg以下の超未熟児の場合は、ママにはすぐには会わせない事が多いと聞いた。かくいう私の母も、ずーっと私と会わせてもらえなかった。どんなに頼んでも、テキトーな理由つけられ対面出来ず、それで、麻酔効いてて何も知らぬ本人も、あ~なんかあったんだな と察し→確信へと変わったらしい。すると、心の準備をする!それと同時に、会いたさ急増!

おまけ

(我が子への愛爆発中!感動の初対面~)

母: 「えっっ!髪の毛が、ホントふさふさで真っ黒!これが私のお腹に入ってたのかと思ったら、ぞっとした!」

(数年後、言葉が話せるようになった娘。なぜ早く出てきたの?と聞かれ、初回答)

娘:お母さんのお腹の中が、真っ黒で汚かったから。

一風変わった親子関係継続中~◎ 

おまけ2

実は、お腹の中に居た時の事を、とぎれとぎれで今でも覚えている、たぶんホント。それに似た状況になると、落ち着くのと同時に、なんだか怖くなり、さっさと出たくなる。(言うとおかしな人に思われそうだが、実際、覚えている人や子供はいると思う。)おそらく、私の特定の条件が重なった閉所恐怖症も、それ以外に、理由が見当たらない。あのまま予定通り母親のお腹にあと数ヶ月居たら、何か大変な事態が起こっていたのだろうか・・・。あの空間、いきなり途中から我慢が出来なくなり、感情?が爆発し、どうにかして、一刻も早く出たかった。その後の記憶はない。

フランスの福祉

気になる。知りたい。

ちょっと調べて見たいが、今週は時間が取れない+語学の壁

誰か知っている方は、何でも良いので色々教えて下さい!

でも、このwordpressブログ、ネット検索にうまく引っかからないのだった(汗)。自分で設定を要し、素人の私はプー。これでは、ブログ開設目的が、全く果たせない。日本語・英語両方でという意味で選んだのに、日本語検索すら・・・。

気になった理由: 

街を歩いていて、あまり身体障害者の方や知的障害者の方などを、見かけないから。 →どこにいるの?家の中に引きこもり?

と不思議に思う。居ない訳、特別人数が少ない訳は、絶対にない。リヨンで田舎だからのせいもある(でも第二都市?)。けれど、パリも同じだった。障害者、特に知的障害者の多くは(日本は)都市に住みます。東京。田舎には、その子達の学習環境等が全くそろってないためです。また田舎は周りからの差別や偏見があって、育てにくいのも事実。それに統合失調症考えても、どこの国でもほぼ同じ割合、そして、今も昔も変わらない、1%程度とされています。昔は、変わり者!ですみ、今の時代の方が目立つだけです。ということは、やっぱり、この国にも、おそらく精神遅滞や染色体異常などは、同じ割合居るはずなんですね。

 

 

私は、生まれた時から、ず~っと、必ず周りに障害を持つ人が、ふつーに何人もいる環境。それが、私にとっては、ふつ~の事です。別に近い人とか友人、知り合いと限定しなくても、小学校でも、大学でもです。心臓が左右逆についていた子、ヘルメットをずーっとつけていた子(脳障害)、ダウン症、精神遅滞があった子、統合失調症(昔は精神分裂病という病名だったが今は禁句です)もいました。あげたらキリがない!あえて言うなら、中高時代は見なかった(気づかなかった)。それは、極端に限定した人達のみを集めていたから。

日本もほんと住みにくいけど、ほんとココもいない!私が会うのはメトロの盲人2人と、友達の家の前に住んでるダウン症の子。たまに車椅子の買い物客(でもほぼ高齢で)。ダウン症は、見れば分かります。それは国を超えて人種違えど、同じ顔の特徴でした。21トリソミー(21番染色体が3本)。 周りの反応を見ると、徹底無視。まあフランスは、別に相手関係なく、無視かな。

どうなってんだ!?なんか、福祉とは全く違った考え方や制度がありそう、この国 @_@;)

日本人向け商売用語  

男: 3人でいくらで絵を描いてあげる~ (と、勧誘)

私: ノー ノー

男: YOU  BINBO-? (きみ、ビンボー?) 

私: YES !!!!  

(さっとあきらめ)

男:サヨナラ ビンボー!

といって、バイバイしてくれた。

爆笑 W(^o^)W/// 

覚えてる言葉が、ビンボーって!

ズバッと的を得た言葉!まさに、ビンボーですけどー!

 この言葉で、2010年〆められるとは~~(^O^;)/

 ビバ ビンボー!!!

乳がん検診

日本で受けようと思い、都内周辺の20才代用コースを検索すると・・・既に、来月も満員多し。この歳になって受けていないのは私だけ?、と反省です。

ただ、生活厳しい(お金が無い)と、医療費を削る(痛くなり仕方なくなったら行くけど、検診や前もっての余裕は無い)という現状も、たぶん人間の本音では!

(大学院進学を機に、しょーじき、超ビンボーなので)

因みに、今の研究、乳がんと子宮頸がん。患者様のサンプルの話を聞くと、同年代も悲しくも多く、抗がん剤が効かなかった方も、亡くなられた方もいます。

乳がん検診と一緒に、子宮頸がん検診も、お勧めします。(自分もやってないので、言えた立場に無い。けど言う。)

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)が原因で、主に性交渉により感染するため、(最近若い女性で感染急上昇などと言う事もあり) =性病、遊び人、だらしない等のイメージで、周囲から誤解を受ける人とも多くいます。HPVはありふれたウイルスで、一生のうちに約8割の女性がウイルスに感染していると言われています。(感染したからって、癌になるわけではない) 

こういう正しい情報とイメージこそ、ミーハーな日本人のメデイア特徴を使って、みのもんた に、色んな時間帯に吠えてもらったら! って、そりゃ、すでに吠えてるわな。

Purée ピュレ

社食(3~5€)、まあ美味しい。

伝統料理や地方料理、家庭料理やフランスの定番などが出てくる。メインの中に必ず1つ、何かテーマを持った本日のスペシャリテがあるのだ。(ただ、まあ美味しいのだが、大量調理ゆえ、本物とは到底違う場合も結構あるらしいので、”何んとなく“分かる程度) 私みたいな何も知らない者には、毎日発見で、本当に勉強になる。興味を示す変な東洋人に、コックもみな毎日親切によく教えてくれる。話せないため為、聞くことは出来るが、こちらから質問することは出来ない。料理名や・野菜や肉は、全てスパルタコック達から教わった。言えるまで、繰り返させるのだ。

☆~彼らに聞いてみたい事~☆

Q!ほんと~に、ピュレ○○は、フランスでは人気料理なのか??

海外では、肉や魚の付け合わせに、マッシュポテトがよく登場!というのは皆様もご存じの通り。フランス語では、ピュレ・ドゥ・ポンドテール(じゃがいも・の・ ピュレ)。

でも、この国では、付け合わせに、マッシュポテトより、インゲンのクタクタ煮とでもいうべきか、とにかく、インゲン(豆類・アリゴ)が出てくることが多い。(メインが何かによるけど)私は、実際、日本人の生涯インゲン消費量を、既に軽く上回っているはず。 だから、他の国に比べれば、頻度は少ないが、もちろん、ピュレ・ドゥ・ポンドテールも出てくる。しかし、それと同じ頻度(じゃかいもと交代)で、他のピュレも出てくるのだ。

ピュレ人参 ピュレかぼちゃ ピュレほうれん草 ピュレ野菜(ミックス)etc・・・

そして時折、それら2~3種が一気に出てきて、みな何色もとる。

想像してみて下さい、今あなたが取ったお皿を。

私には嚥下食にしか見えないのだ!それも、嚥下食2~3!

確かに色は綺麗だよ!でも肉の固形物以外、全てピュレ!

正直、私は食べてて、ほんと味気ないというか、食べる気力がなくなり(だって噛まないから)、ハッキリ言って、マッシュポテト好きの私でも美味しくない。老人や赤ちゃんが食うもんじゃん!と言うが、みな「そうそう同じ~」とだけ。

そして、極めつけには、ヨーグルトコーナーに、コンポート(果物をシロップを煮たもの)が置いてある。正確には、コンポート または ピュレ果物 の2~3種があり、確かに形状は少し違えど、両方ものの見事に、ミキサーみたいなので粉砕されている。こちらも、マジ、嚥下食!(両方、嚥下ある人にも、そのまま使えるレベル)

ランチ: 肉+野菜のピュレ各種、ヨーグルト+コンポート

これが、お盆に並んだのが、本当に美味しいと思うのか?人気なのか?幾らピュレの上にチーズをのせてグラタン状に焼いていようが、私には、嚥下食以外の何物でもないのだ。でも、かなり多くの人が、この組み合わせを、取っているのを、目の当たりにしている。だからこそ、ほんと~に不思議でたまらない。

えっっ、美味しそう、って?全て粉砕された食事や嚥下食、食べてごらんなさい!食事のテクスチャー、噛むことが、いかに食事を美味しくしてるか、大事か分かるから。美味しかったら、”きざみ食”なんて、いらないんだから。

高齢者や赤ちゃんを持つ人は、試す価値あり!